アルトコイン取引所

アルトコイン取引所のおすすめ!草コインの売買ここで簡単にできる

アルトコインはビットコイン以外のの仮想通貨のことで、種類もたくさんあります。

 

仮想通貨は今はバブルの真っ最中ですが、まだ序章という意見も多数あります。
生活保護を受けるかどうかのニートの若者が数カ月で億の資産を手にしたり、1か月で50万の資金が5000万に簡単になったりと人類始まって以来のバブルとも言われています。

 

それでも自分の周りを見渡しても仮想通貨をやっている人は少ないと感じています。

 

だからこのバブルはまだまだこれから大きくなるのかもしれませんが、先行有利はどの世界でも一般的です。

 

仮想通貨を始めてみようと思う人は、まずビットコインやビットコイン以外の仮想通貨のアルトコインを取引する場所に口座開設のようなことをしなければなりません。

 

こちらではアルトコインの取引をするのに必要なアルトコインの取引所の紹介や取引に関することを説明しています。

 

また巷で言われている草コインとはビットコイン以外やアルトコインほど有名じゃないコインのことです。

アルトコインの取引所

ビットコイン以外の仮想通貨、アルトコインの購入は取引所を利用する方法がおすすめです。海外と日本に取引所がありますが、やはり初心者には日本の取引所がおすすめ。慣れてきたら手数料がお得な海外の取引所を利用してみては?例えばビットフライヤー(bitFlyer)やコインチェック(coincheck)は有名ですが、その他にも取引所があります。

 

アルトコインコインチェック
タレントの出川哲朗のCMで一躍世の中に有名になったコインチェックです。
本人確認のできるもの(免許証やパスポート)をアップロードして自撮りで例えば免許証を持った顔写真で本人確認がOKになるとすぐに入金ができて取引ができます。
アルトコイン取引所

 

コインチェックで現在取引のできる仮想通貨・アルトコイン
BTC ビットコイン
ETH イーサリアム
ETC イーサクラシック
LISK リスク
FCT ファクトム
XMR モネロ
REP オーガー
XRP リップル
ZEC ジーキャッシュ
XEM ネム
LTC ライトコイン
DASH ダッシュ
BCH ビットコインキャッシュ

 

>>コインチェックのHPはこちら<<

 

仮想通貨GMOコイン
FX取引高世界一のGMOクリック証券のGMOの仮想通貨取引所です。
コインチェックほど多くのアルトコインはありませんが、主要なのものはそろっています。
信頼で選ぶならGMOコインをおすすめします。

 

GMOコインで現在取引のできる仮想通貨・アルトコイン
ビットコイン
イーサリアム
ビットコインキャッシュ
ライトコイン
リップル

 

アルトコインビットフライヤー bitFlyer
女優さんの成海璃子さんのCMでお馴染みのビットフライヤー
ビットフライヤーは、ビットコインを中心に取引する人にはおすすめです。
ビットコインの取引所・販売所とアルトコインの販売所があります。
またビットフライヤーには、bitFlyer LightningというビットコインのFXができるところがありますので、ビットコインのFXをしたいという人にはおすすめです。

 

ビットフライヤー bitFlyerで現在取引のできる仮想通貨・アルトコイン
ビットコイン
イーサリアム
イーサクラシック
ライトコイン
ビットコインキャッシュ
モナコイン

 

>>ビットフライヤーのHPはこちら<<

 

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

 

 

〇ザイフ(zaif)

 

大阪の企業が運営し、ネム(XEM)など日本で初めて取り扱いを始めた通貨もいくつかあります。何と言っても魅力は手数料が安いこと。取引通貨によっては手数料がマイナスで、お小遣いがもらえちゃいます。

 

〇ビットバンク(bitbank)

 

取り扱う仮想通貨はビットコインやリップルなど全5種類、コインチェックの13種類に比べると少なめですが、取引分析ツールが50種類以上と豊富で、初心者からプロまで幅広く利用しています。ザイフと同様取引通貨によっては手数料がマイナスでボーナスがもらえます。

 

〇アルトコイン購入の流れ

 

アルトコインを購入する流れをざっと説明すると上で紹介した取引所で口座を開設します。それぞれ公式サイトにその方法は書かれています。本人が確認できる書類の提出(写メしてアップロード)の提出が必要なところがほとんどです。

 

口座開設後には日本円をその口座に入金しますが、直接振り込むか、コンビニでも手続き可能な取引所もあります。どのアルトコインを買うか選び数量を入力するだけ。当然利用する取引所で買えるビットコインは限定されているため、下調べは重要です。一部の取引所では入出金時、また取引を行う時に手数料が必要なので、入金額と合わせて数量を検討しましょう。

アルトコインとは

〇アルトコイン=ビットコイン以外の仮想通貨

 

数年前から仮想通貨の存在が知れ渡り、その需要が高まってきています。600種類以上もある仮想通貨のうちの一つがアルトコインです。そもそも仮想通貨と言えばビットコインを思い浮かべる人は多いと思います。

 

国交がある国ならインターネットを介してどこでも使える通貨で、例えば手続きが難しく高額な手数料と時間がかかる海外への送金もビットコインなら無料か格安の手数料で送金できます。

 

このように便利なビットコインにもデメリットがあります。

 

アルトコインはビットコインのデメリット(発行枚数に制限がある、全て自己責任で行わなければならないなど)をカバーすべく2009年に初めて誕生した通貨のこと。

 

ビットコイン以外の仮想通貨をまとめてアルトコインと言います。

 

Alternative(取ってかわるもの)coinの造語です。

 

〇アルトコインを全種類把握するのは無理

 

ビットコイン以外の仮想通貨をアルトコインと言いますが、なんとその数は1000種類以上。

 

もちろん全て把握するのはとても無理ですが、この中で現在活発に使われていて取引量が多いのはごく一部で、実際に利用するならこの中から選ぶことになるでしょう。

 

具体的にはリップル、ライトコイン、イーサリアムなど、仮想通貨に興味のある人なら一度はこの名前を聞いたことがあるのではないでしょうか?

 

例えばリップルはリップル社が開発した仮想通貨ですが、さらに細かく言えば送金システムのこと。

 

ビットコインだと長い時間がかかっていた送金もリップルならほんの数秒で可能になり、需要も急激に高まっています。
このようにアルトコインはそれぞれの特徴を持っているため、自分に合ったものを選びたいですね。

 

12種類のアルトコインの取引ができるコインチェックがおすすめ
>>コインチェックのHPはこちら<<

 

 

 

 

 

アルトコインは初心者でも買える

○初めてアルトコインを買う!選ぶポイントは主に2つ

 

アルトコインの数は1,000種類以上あるため、初めて買う時に何をポイントに選べばいいか迷ってしまいます。しかし選ぶポイントは主に2つしかありません。

 

・日本の仮想通貨取引所で売買できる銘柄を選ぶ

 

日本と海外の取引所の数は合わせて170ヶ所以上もあります。海外の取引所は諸々の手数料が安い傾向にはありますが、言葉と安全面(海外の取引所がハッキングの被害を受け破産する事態が起こっているため)の問題で初心者こそ日本の取引所を利用した方が安心です。

 

・価値のある銘柄を選ぶ

 

1,000種類以上あるアルトコインのうち日本で主に取引されているのはごく一部、それ以外は価値がないといっても過言ではありません。価値のある銘柄を見極めるのは大変難しいため、中には直感で選ぶ人もいます。

 

それでも一つポイントを上げるとすれば取引量の多い銘柄や時価総額の多い銘柄が狙い目です。いずれも信頼度の高さが分かる数値で、取引所のサイトに詳しく表示されています。

 

銘柄が決まっても初心者がいきなり大量買いするのはおすすめできないため、一万円以内で始めてみてはいかがでしょうか?

 

○注目のアルトコインは?

 

2017年は“仮想通貨元年“と言われたのはビットコインが史上最高値を更新したためです。

 

そのビットコインに次ぐ第2の銘柄が”イーサリアム“で、時価総額はビットコインに続く第2位、2018年はその価格も上昇するとみられています。その他にもリップル、ライトコイン、ダッシュ、ネムなどおすすめはいくつもあります。

 

イーサリアム・リップル・ライトコインはGMOコインで取引できます。

 

さらにダッシュやネムも買いたいならコインチェックなら取引できます。
>>コインチェックのHPはこちら<<

 

アルトコインの取引所にアカウント開設するのに無料なのでいくつか持っておくのがおすすめです。
まだまだ不安定な部分も否めない仮想通貨の取引なので分散しておいたほうがよいでしょう。

 

アルトコインの取引をするときに注意したいスプレッド

○初心者こそ知っておくべき“スプレッド”

 

これから仮想通貨取引を始める人がぜひ知っておきたい用語の一つが“スプレッド”、簡単に言えば通貨の売り値と買い値の差のことを言います。

 

例えばある通貨の売り値が1コイン150円、買い値が100円の場合、スプレッドは50円になりこれは各取引所への売買手数料となります。

 

そして次の日に買い値が50円になるとスプレッドは100円、つまりこの時点で売ると50円(昨日50円の手数料を支払っているため)の利益が出ることになります。

 

見てもわかるようにスプレッドはできるだけ少ない(正式には“スプレッドが狭い”と言います)方が利益を出しやすいです。

 

このスプレッドはその通貨が活発に取引されている時には狭くなりますが、取引が多いということはそれだけ取引所にとっては手数料収入が増加します。
そして相場が急騰している時はスプレッドは広くなりますが、誰でももっと利益を得るために待ちたくなるもの、スプレッドもさらに広がっても取引所は手数料収入がさらに増加します。

 

とてもうまくできているのですね。

 

○販売所と取引所で異なるスプレッド

 

当然のことながらスプレッドは通貨や取引所によって違います。単純にスプレッドが狭い所で選ぶのは危険で、手数料のことも気にしなければなりません。

 

そもそも仮想通貨投資をする際、個人同士で取引をする“仮想通貨取引所”と、取引所と取引をする“仮想通貨販売所”のどちらかを利用します。

 

前者は手数料を設定して利益を得ていますが、後者は手数料は無料と謳いながらもスプレッドを広く(大きく)設定している所が多いです。“手数料無料”だからと安易に決めないように注意しましょう。

 

仮想通貨はできる限り販売所でなく取引所で売買したほうが利益が出ます。
アルトコインの場合は、ビットフライヤーでは取引所でなく販売所になるのでアルトコインならコインチェックで売買するのがおすすめします。
>>コインチェックのHPはこちら<<

 

ビットコインのFXをしたいという人はビットフライヤーがおすすめです。
>>ビットフライヤーのHPはこちら<<

 

 

販売所でも手数料の安いGMOコインなら利益が出しやすいです!

 

 

 

 

 

 

 

アルトコインの税金

○“仮想”通貨でも税金は発生する!

 

ビットコインやアルトコインに代表される仮想通貨。“仮想”というだけあって税金がかからないイメージを持っている人もいますが、仮想通貨取引で得た利益はその金額に応じて税金を納めなければなりません。

 

つまり確定申告が必要です。

 

具体的にどんな人が納める必要があるのでしょうか?具体的に仮想通貨取引の収益が年間20万円を超えた場合に納税が必要、つまり20万円以下の場合は不要ということです。

 

ただしこれはサラリーマンの場合で、例えば個人事業主はもともと仮想通貨利益を含め事業所得で得た所得に対して確定申告が必要です。

 

気になる納税額について。仮想通貨で得た利益は“雑所得”に分類されます。他の事業所得や不動産所得、利子所得などと合わせた金額に応じて5%〜45%も税金で納めることになります。

 

仮想通貨で得た利益でモノやサービスを購入した時や仮想通貨同士を交換した時も課税対象となります。

 

◯最大限、節税対策のススメ

 

せっかく得た収益を税金で持っていかれるのは嫌ですよね。納税額をできるだけ減らしたいなら節税対策をすればいいのです。例えば自宅や自家用車を事業に使っている場合は家賃やガソリン代の一部を経費として使えます。

 

また最近注目されている“ふるさと納税”で支払った金額はそのまま税金を納めたことになるため、高級食材や宿泊券などに変える方法もあります。

 

仮想通貨取引で得た収益にかかる税金はもちろんのこと、税金は正しく適切に納めないとほぼ確実にバレてしまい、延滞税が上乗せされて莫大な金額が請求されるだけでなく刑事罰の対象となることは知っておきましょう。

 

私はふるさと納税はさとふるを利用しています。
大体お礼の品は。肉とビールが中心でたまにカニにします。

 

>>さとふるの公式サイトはこちら<<

 

草コインとその名前の由来

○草コイン=世間に知られていない通貨

 

日本で一番有名な仮想通貨のビットコイン。そして1,000種類以上あるアルトコイン(ビットコイン以外の仮想通貨)のうち、日本で名前が知られているせいぜい10種類程度を除いた仮想通貨を総称して“草コイン”と言います。(英語では”shit coin”、直訳すると口に出すのも嫌になります。)

 

何らかの目的があって作られたはずですが、誰が作ったかはっきりとせずその名前もほとんど世間に知られていない雑草のようでこの名前がつきました。「草コインのほとんどは価値がない」と考えている人もる一方、極一部は将来性が期待できるため今後もその数は増えると考えられていて、実際に草コインだけに投資している人も多いです。

 

○草コインの価格上昇力は期待大

 

草コインは1枚あたり1円未満〜10円以下で買える分、資金が不十分な人でも購入できます。

 

ある草コインは一年で最大2,000倍に上昇(10万円投資していたら2億円の利益に!)しているものもあり、2000倍とは言わなくても100倍程度に上昇しているものは数知れません。しかし草コインの特徴は暴騰の後にはほぼ間違いなく暴落すること。

 

タイミングの見極めが重要になってきます。

 

また日本の仮想通貨取引所で買える仮想通貨はごく一部で草コインを買うことはほぼ不可能なので、海外の取引所を利用するしかありません。

 

その前に購入の際にはビットコインが必要になるため、日本の取引所への登録が必要です。

 

これらの手間から考えると草コインへの投資は仮想通貨投資にある程度慣れた人向けと言えます。

リップル(XRP)とネム(XEM)

○リップルは決済システム

 

リップルは仮想通貨の一つ、アルトコインの中でも一番知名度が高いと言っても過言ではなく、1000以上あるうち、時価総額で常に5位以内に入っています。

 

その注目度が上がってきたのは東京三菱UFJ銀行がリップルを使った支払いシステムを採用することを表明してからです。

 

そもそもリップルはビットコインのように実際にお金が動くものではなく、国際決済や国際送金のためのシステムです。

 

それまで決済や送金のために複数の国や銀行がかかわっていたため、多額の手数料や時間がかかっていました。万が一途中の銀行で手続きミスがあると送金ができない事態も起こっています。

 

しかしリップルが誕生してからは格安の手数料と送金時間も数秒になりました。現在も世界の銀行が続々とリップルを採用していて、今後も価値が上がるとみられています。

 

○低コストで買えるネムは

 

ネムを直訳すると「新しい経済運動」という意味。POLという認証方式により多くの資金を持つ人だけに偏らず、多くの人に平等に分配されるように設計された通貨です。

 

ビットコインと同じP2Pというネットワークの技術を使っていて不正が起きにくいことが特徴でもあり、時価総額ではリップルほどではありませんが10位以内に入っています。

 

そんなネムは2017年1月には1XEM=0.39円だったものの、12月には110円と280倍に暴騰しました。

 

それでも今後買いが伸びる可能性が高く100円前後で買える今が買いドキということです。

 

リップルとネムの両方の取引ができるのはコインチェックです!

 

>>コインチェックのHPはこちら<<